妻 不倫

妻の不倫が本気なときの体験談

妻の不倫が本気なときの体験談。裏付けが不適当なまま、嫁さんの姦淫を抗議して不意に終わった事例解説。音声録音機に音入れした浮気相手と妻の性行為時の会話。

 

ママの態度が変化し、ボイスレコーダーを鞄に忍び入れたりしておきました。

 

後になって再生してみると、男と性交渉をしている喘ぎ声が確認できました。

 

これはもう牢固たる確たる証拠だと思って妻をしているのかもしれない問い立てると、不貞を白状しました。

 

にもかかわらず、いざ男に慰謝料請求をしようとしたら、急に姿勢を変えてきたので。

 

旅館へ自分だけで泊り、姦夫と二人ではないと。

 

そのような言い逃れは有効ではないと感じましたが、弁護士に伺ってみても、詰まるところ一緒に寝泊まりしている現場を写真撮影など証拠に取っておかないと、裁判で法的に有効な姦通の裏付けにはならないという判断。

 

妻の不倫相手に制裁と失敗例

 

上さんが車の後部座席で浮気相手と接吻していたのに・・・。

 

ママの帰宅が深夜になったので、仕事場に迎えに行ってみたところ、もう閉店していました。

 

パーキングエリアにワイフのbmwがあり、なんとまあ誰かと接吻をしている最中でした。

 

私は失神しそうになってしまいました。

 

激高のあまり、扉を開けて激しい声で叱責して、男のビジネスカードを開示させ、慰謝料の要求を行いました。

 

だけれども、少し日が経って男の弁護士から通知が寄こされ、あなたがした言動は脅迫罪になるので、警察当局に被害届を出すと知らされました。

 

さらに、車のシートの上で唇で愛撫していただけだと不貞行為にならないので、密会の慰謝料を支出する責務は無いというのです。

 

こちらとしてはとても混乱しました。

 

上さんが男と口づけしているにもかかわらず、それが不貞行為ではないとはバカ言うなと考えました。

 

最終的に、示談になりましたが、こちらとしては不本意な心境です。

妻 不倫記事一覧

妻の不倫相手に制裁して慰謝料も弁護士から要求したい。よしんば奥さんの浮気が発覚しても、自分の言葉で復讐は避けた方がいいです。というのも、自分の言葉で制裁措置を加えると、自らの立場が都合悪くなってしまうためです。相手が間違いを犯したからと言って、上さんを慟哭して怒鳴り散らしてしまうと、DVと解されて離婚裁判に持ち込まれた時などにすごく立場が弱くなります。激烈な声の調子で責められたので心的外傷ストレス...