妻 不倫 制裁

妻の不倫相手に制裁する手段

妻の不倫相手に制裁して慰謝料も弁護士から要求したい。よしんば奥さんの浮気が発覚しても、自分の言葉で復讐は避けた方がいいです。というのも、自分の言葉で制裁措置を加えると、自らの立場が都合悪くなってしまうためです。

 

相手が間違いを犯したからと言って、上さんを慟哭して怒鳴り散らしてしまうと、DVと解されて離婚裁判に持ち込まれた時などにすごく立場が弱くなります。

 

激烈な声の調子で責められたので心的外傷ストレスにかかったと診断書を病院で書かれて、嫁はんが法廷に提出してしまうケースもあります。

 

或いは、男のことを叩きのめしてやりたいと怒り狂う男性もいると思いますが、浮気相手へ害を加えると自分が捕らわれ者となってしまいます。

 

もしも暴行を加えなかったとしても、大音声で怒鳴りつけてしまったら脅迫罪で訴えられる事例も多数あります。

 

自分で制裁措置を加えようとすると、まことに情けない幕引きになってしまうことが大方である。