浮気調査港区

妻に浮気の兆候があるので港区で不倫調査

妻に浮気の兆候があるので港区で不倫調査。ワイフの不義が不審に思う時は、確固たる明確な証拠キャッチする。明白な裏付け掴み取ることができるまでは、浮気に感づいていることを伝えない方が賢明だ。

 

ワイフが姦淫をしているのかもしれないと疑わしく思ったとき、大抵は妻が所有しているケータイを確認して、密夫と怪しいラインをやっていないかどうか、家を空ける予定が書いていないか調べると思います。

 

それ以外にも、嫁のかばんにGPSを入れたりして、振る舞いを追いかけることもすると思います。

 

だけれど、それだけだと訴訟面で確実な情事の裏書きにはならないことを認識しているでしょうか?。

 

主人にとっては、妻が男と軽率なラインをして、一緒に寝たいとか言っていたら、そういうのは不貞ですよね?。

 

さらには、家内の密通が怪しいからGPSで行動を追跡している間に位置がラブホで停止していたら、腹ただしくなってしまいますよね。

 

それでも、法律的には「不貞行為」をしていなければ、情事だと見なされません。

 

港区での浮気調査

 

間男と上さんが性交していた時に、司法的な観点から密会と判断されます。

 

視点を変えて言えば、嫁はんが奸夫と性愛していないのに、浮気だと激しく詰問すると、あなたの立場が悪化してしまいかねない。

 

裏書きが不適切な状況で、家内の姦通を抗議して不成功に終わったケース紹介。

 

音声録音機へ音入れした間男と妻の卑猥な声。

 

嫁さんの態度が疑わし気になり、ボイスレコーダーをポーチに忍び入れたりしておきました。

 

後になって再生してみると、他の男と性愛しているようね会話が聞こえました。

 

こういうのは確然たる証左だと思い込んで嫁をしているのかもしれない詰問してたら、密会を是認しました。

 

されど、いざ奸夫に対して慰謝料接収をしようとすると、ひょいと姿勢を曲げてしまったのです。

 

ラブホへ単独で泊って、誰かとペアではないと。

 

そんなのは幼稚な嘘だと受け止めましたが、弁護士先生に仰いでみても、やはり不貞の現場を動画撮影などドキュメントに取っておかないと、賠償面で法的に有効な姦通の証拠と見なされないという回答。

 

港区での浮気調査|よくある失敗例

 

嫁が車のシートの上で浮気相手とキスしていたのに・・・。

 

嫁が帰ってくるのが遅すぎるので、職場に行ってみたところ、当然のごとく閉店していました。

 

車を置く場所に上さんのアウディがあり、なんとまあ男とキッスをしているのです。

 

それを目撃して気絶しそうになってしまいました。

 

激高のあまり、スライドドアを開いて大声で叱りつけて、姦夫のIDを開示させ、慰謝料催促をやりました。

 

だけれども、少し日が経って姦夫の弁護士事務所から書類が寄こされ、あなたがした行動は脅迫罪に相当するから、お巡りさんに被害届を提出すると伝えられてしまいました。

 

また、車のシートの上でディープキスしていた行為だけだと不倫ではないので、姦通の慰謝料を支出する義務は無いというのです。

 

私ははなはだ錯乱しました。

 

家内が間男とキスしているにもかかわらず、不倫に当てはまらないなんてバカにするなという心境でした。

 

最終的な結果としては、示談でしたが、私としては口惜しい心境です。

 

万が一嫁の不倫が露呈しても、自分の言葉で仇討ちしない方がいいです。

 

理由としては、自分の言葉で制裁措置を与えようとすると、自分自身の立場が悪化してしまうためです。

浮気調査港区記事一覧

妻の浮気写真など証拠を掴むために港区で調査依頼。相手が間違っているからといって、家内に叫んで叱責してしまうと、DVと判断されて離婚裁判に訴えられたときにやたらに自分の立場が弱くなります。激しい語気で怒られたので心の病を患ったと診断書を病院で医師に書かれて、嫁はんがお役所に差し出してしまうケースもあります。または、奸夫を張り倒してやりたいと怒り狂う男性もいるのは当然の気持ちですが、間男へ損傷を与えて...